2011年08月24日

離婚の気持ちを片づけることと整理することのちがい

離婚調停や円満調停は調停委員という第三者を通した話し合いです。
話し合いといっても、実際にはかなり突っ込んだ内容になります。

不快に感じたり、一方的に感じたりするかもしれません。
調停委員は一般の人ですから、基本的には素人です。
(とても経験のある素人ですが)
なかなか、双方が納得できるところまでいかないのも現実です。

また、調停は成立する場合と不成立という場合があります。
かならず、白黒をつけるというものではありません。
この点が裁判とは異なります。

裁判は判決となるか、和解となるかですが、いずれにしてもはっきり結論がでます。
この点が調停とは異なります。

お互いが100%満足するなんてありえないです。

一方が納得できれば、もう一方は納得できないのは当たり前です。
どちらにとっても100%というのはありません。

ある程度納得できたとしても、不満は残りますし、全てが不満といことだってあり得ます。
そして、裁判が終われば、はっきりと結論はでます。

離婚が成立しても、成立しなくても、養育権が認められても、認められなくても、
面接交渉権があっても、なくても、判決には従わなくてはなりません。
だから、どんな方法をとっても勝つ為に悔いなく戦うことが必要です。
(それでも、必ず悔いが残ります。100%はないです。)

ということは、その後の考え方で人生が変わります。

よく、時間が解決すると言われますが、時間が経つといろいなことが薄れてきますが、
解決はしません。

過去を振り返るのは、ある程度の時間が必要です。
その長さは、個人によってちがうでしょう。
1か月程度で済む人もいれば、数年かかる人もいるでしょう。
また、十年以上かかる人もいるかもしれません。

でも、過去を変えることはできませんから、いつもでも過去にとらわれていては幸せとはいえません。

これは、過去(離婚)を片づけるのと、整理するということの違いです。

整理というのは、並べ替えたり、置き換えたりすることです。
片づけるのは自分にとって必要か、必要でないかを考え、不要なものを捨てることです。

いくら整理しても、あなたの幸せにとって必要のないものを残していることになります。

離婚気持ちを整理しても、なんとなくすっきりしたような気はしますが、並べ替えただけで必要のないものまでとってあります。
なかなか、自分では気づけないことですが、これが、少しずつあなたの心のゴミとなり、
あなたを苦しめる原因になってしまいます。

ですから、離婚の気持ちを片づける必要があります。
心の中にたまってしまっているちりやごみを捨てるのです。

気持ちという目に見えないものを捨てるのは、簡単にいきません。
これを捨てるといっても、もののように捨てられません。

ですから、きちんと順序をきめて、片づけることです。
私はなかなか気持ちを片づけることができませんでした。

ところが、父が急死したことや、自分自身が病気で入院したこと、命にかかわるようなことを経験したときに、行ったことが気持ち(心の中のごみ)を片づけるにつながりました。

実は、誰かの死や自分の病気を経験しなくてもできることです。
ほんの少しの勇気があればできることです。

本当に少しの勇気で大丈夫です。

まずは、あなたが気持ちを「片づける」ことと「整理する」ことの違いを認めることです。

ここからはじまります。

「片づけ」と「整理」このちがいを認めることができれば50歩ぐらい前進します。

心のを見つめるのはとてもつらいことです。
今見つめるのが大変だったら、時間をおいても大丈夫です。

心を見つめる勇気ができたら片づけはじめましょう。

片づけるコツは簡単です。

次回は私がした、片づけをお話しします。

気持ちを片づけることができると、本当にスッキリします。

そして、いろいろなものが見えてきます。





タグ:離婚

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 14:36 | Comment(7) | TrackBack(0) | 体験談>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

離婚と直面する。

裁判で離婚が成立するということは、戸籍に裁判離婚という記録が残るということです。

この事実をどうのように受け止めるかというのは人それぞれ考え方が違うと思います。

こういった書類もひとつ、ひとつ、もう一度見直していくと感想が違ってきます。

裁判で離婚が成立した当初は、判決を無理やり納得していた。

裁判所で決まったことなのだから仕方ないのだと。

それから月日が経過して、裁判の戦い方が悪かったのだと実感してきた。

戦い方に後悔もあった。

当初は正直に、誠実にと思っていたし、裁判でもそれは貫いた。

でも、以前にも書いたと思いますが、離婚調停とちがい、離婚裁判は戦いだから、有利か不利という考え方で嘘も方便でいいということに気が付いた。

相手がそうだったからよく分かったのだが。

世の中に真実とか事実はたくさんあるけど、裁判に真実や事実はないなと思ったのです。

そして、それは今もかわらない。

お互いの言い分が違うのだから、両者とも自分が正しいと主張するから争って裁判になるんだから、裁判官が信じられる妥当性を見つけられればいいのだし、過去の判例から逸脱しないようになるのは明白だ。

だから、情など断ち切って徹底的勝てる要素をみつける。

そして、証拠として提出し主張するこれだけだと思う。

離婚調停とか円満調停とか話し合いの段階ではまた対応がことなる。

裁判とはそういうものだと身に染みた。

そして、かなりの期間、頭の中でそういったことが思い出された。

自分は納得した、大丈夫だと言っていたが、本当はいろいろなことを考えていた。

時間の経過だけでは埋めきれないものもあった。

ところが、最近、そういったことがさっぱりなくなった。

いつも、心の中に占めていたおもりと、霧がなくなった。

心の中のヘドロがなくなった。

いろいろなことをすっきりと考えられるようになり、体調も良くなった。

更に、太りがちだった体重は7キロも落ち、あらゆる面でスッキリしているのだ。

人間考え方により、ここまで変わるのかと思う。

そして、スッキリする前の行動を思い出した。

このことは次に話します。

離婚に直面し、相手に不信感を持っているとき、心は重く、体も重い、霧も晴れず、

焦り、怒り、悲しみ、後悔など本当にいろいろな感情がわいてくる。

でも、これだけはわかった、少し時間が必要かもしれないが、心のあり方で今がどんなに逆境でも生きていれば必ずよくなります。

良くなりたいと願えば本当によくなります。

今を悲しんでいる方、苦しんでいる方、悩んでいる方、必ずよくなるから生きていこう。

タグ:離婚

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 05:57 | Comment(7) | TrackBack(0) | 体験談>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

離婚について悩んでいる方へ

私の体験談の中で、今までフォーカスしてきたのは、離婚調停に直面した時からのことです。

離婚調停が不成立となり、離婚裁判となり、さらには離婚裁判で和解が成立せずに、判決離婚となりました。

私の体験したこのようなケースは離婚する方のなかでも珍しいケースだと思います。

このような体験をブログにすることにより、実際に不安を抱えている方の参考に少しでもなれたらいいなと考えています。

離婚調停や離婚裁判をすることにより、わかってくるのは相手が今までどのように私を捉えていたかということでした。

さまざまな書類が私を最低の人間のように非難します。
そして、わずか、1年前は愛があったと思っていた妻も私の全人格を否定するような文書を作成します。

この裁判の記録は今でも残っていて、いつでも見ることができます。

その内容を見ると、今でも当時のつらい心境が思い出されます。

そして、離婚調停や離婚裁判は戦いと認識しました。
この戦いに勝つ為には、人間らしい誠実さや道徳なんて必要ないと思いました。
そして、様々な矛盾や自己矛盾などを抱えることになりました。

離婚調停や離婚裁判は条件を争います。
両者が納得、満足なんてことはありません。

そして、争い(離婚調停・離婚裁判)が終われば、その先の人生と向き合うことになります。

皆さんもご存じだと思いますが、離婚をしたら全てがうまくいくわけではありません。

今は、自分自身、そのことを噛みしめています。

まして、私の裁判は相手有利の判決でしたから。

長い人生を考えると、離婚という結果をどのように生かしていくかが必要でしょう。

よく、時間が解決してくれると言います。

時間はゆっくりと苦しかった記憶を薄れさせてくれます。
でも、過去を忘れさせてくれるものではありません。

過去と決別して、離婚という結果を生かしていくには私自身の考え方を変える必要がありました。

今回、私は病気になり、一瞬でも死に直面したり、病床で過去の様々の思い出と直面したりしました。
自分自身のふれたくない傷を再度見ることになりました。
過去を振り切ることができていなかったことに気づきました。

それで、過去に片を付けるための片づけを始めたのです。

今は片づけをある程度終えて、自分の過去としっかり向き合うことができました。

頭の中がスッキリしています。


そして、ひとつ確信が持てました。

現在、離婚を考え不安を抱えている方、迷っている方、悩んでいる方、離婚調停を控えている方、離婚裁判を控えている方など。

今、問題を抱えている方こそ、「過去に片を付けて、ご自身の希望をはっきりする」ことが大切だと思うのです。

当然、離婚調停や離婚裁判の戦略や戦術も大切です。

でも、あなたご自身の本当のお気持ちが大切なのだと思います。

今後、私が行った「過去への片の付け方」を紹介していきます。

あなたご自身のために少し参考にしてみてください。


家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 17:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 体験談>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

過去に片をつけるとしたら

このブログをご覧いただいている方は、さまざまな状況に置かれているようです。

コメントをやり取りをしたり、メールのやり取りをしたりしていて、一人一人の方の状況が少しわかってきます。

たくさんの方が離婚を考えたり、離婚調停に直面したりしています。

親権のの問題や養育費の問題などほんとうにさまざまな問題に直面して、悩んだり、苦しんだり、悲しんだり、怒りに震えたりしているのです。

そして、私もそういった一人です。

過去の記事で離婚調停に直面した状況や離婚裁判に直面した状況を記述してきました。

その時々の私の感情や対処方法や考え方、その時、考えられる対策などを記録しています。

これはこれで、読んでいただいている方のひとつの参考になるかなと思っています。


さて、私は入院して、正直、自分はこのまま死んでしまうのかなと思ったくらいの、沈痛な気持ちをもっていました。

退院してもどこか不安であった私に友人が紹介してくれた本は2冊です。

その1冊がこれです。


「人生がときめく片づけの魔法」著者:近藤麻理恵
書店に行くと必ず目立つところに置いてあります。

まず、友人がこの本を読むようにすすめてくれました。

ひと言でいうと、片づけをしたことで「過去に片をつけた」から。その結果、人生で何が必要で何がいらないか、何をやるべきで何をやめるべきかが、はっきり分かるようになるのです。(本文より抜粋)

このように、書かれているのですが、この本を実践してみると、このことが体感できます。

私はこの本を読みながら、片づけをはじめました。

私はかなり、整理整頓が上手と言われていて、会社でも机の上と中が一番きれいです。

でも、いざ住まいの片づけをはじめてみると、今は必要のない過去の物で溢れていました。

離婚調停の時の資料や子供の思い出のものでいっぱいでした。

それをひとつひとつ開き、いるものいらないものに分けていきました。

いる、いらないと、自分の心の未練を断ち切るように決断していったのです。

見ることで心の痛みを感じるものがたくさんありました。

気持ちの整理をして現実に生きていると思っていたのですが、実は過去の思い出にひたり、現在に集中できていない自分自身に気づきました。

ひとつひとつの思い出の品をいる、いらないと決断してほとんどの物を捨てました。

それは、自分自身の心の中と頭の中のゴミや膿みをとるような作業でした。

この本を読むことがなければ、過去と片をつける方法がわからなかったと思います。

友人に片づけをして、かなり、気持ちがすっきりしたことを伝えると、もう一冊の本を紹介されました。この本も本当に自分を楽にしてくれました。


今、現実に直面している方にとって「片づける」ことは、難しいかもしれません。

しかし、自分自身の頭の中を整理することで見えなかったものが見えると思います。

片づけることにより状況が好転することもあると思うのです。

大変な現実をかかえている方が多いと思います。

それでも、少しだけ、この話も参考にしてみてください。

きっと、あなたの役に立つと思うのです。

もう一冊については、次の機会にお話しします。

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

入院

ゴールデンウイークが終わり、仕事始めのタイミングで著しく体調を崩し、入院をすることになってしまった。

症状については

5月13日 午前3時位 腹痛 頭痛  下痢 嘔吐
5月14日 急に頭痛(激痛) 首が痛い 体がだるい。
      発熱が高いときに頭痛の激痛と気づく。1日の体温変化 35.5〜39
5月15日 急に頭痛(激痛) 首が痛い 体がだるい。 むかつき 吐き気 食欲不振

このような症状に悩まされて、衰弱してしまい、とうとう入院することになってしまった。

あまりの激痛に意識はもうろうとしてしまい、食事は全くできず、水を飲んでも吐いてしまう状況になってしまった。

このまま衰弱死してしまうのでないかと覚悟するような感じだった。

ずっと点滴を行っているベッドの中。
頭の中がモヤモヤ、吐き気、黄色の液体、頭痛、ムカつき、体に力が入らない。
そんな最悪の状況の時にいろいろ浮かんできた。

 点滴をして、もうろうとしているベッドの中でいろんな人と出会う。
死んだ父、ずっとあっていない友人、息子、別れた妻、姪、その他の人もいた気がするが覚えていない。

 夢を見る、危機的な夢だ。

これが閉じてしまったらすべてが終わってしまうドアに立っている。
閉じてしまったとあきらめかけた瞬間、違うドアが出現する。
そんな夢が延々と続いていく。

 もうろうとする意識の中で、現実離れした夢を見ながら、生き延びようと自分がいる。
何がどうなっているのか、わからない状況。
うまく切り抜けようとする自分がいた。

 こんなところで終わってたまるか、人生、これでは悔いだらけだと叫んでいる。
悔いが溢れだしていた。息子ののこと、離婚のこと、いまだに息子に会うことができないこと。そんな後悔の感情があった。

 息子に会いに行っている夢を見た。
 
 こんなふうに弱っているときに人生の終りを見るのかもしれない。
ここで死んだら後悔だけの人生という思いが強かった。そして、もうダメだという思いと、ここで死んでたまるかという思いが錯綜する。

 ここで死んだら悔いだらけ、ここで死んだら悔いだらけ、ここで死んでたまるか、生きるのだと、強く、強く念じていた。

 このような状況が3日間続いた。4日目からは状況がよくなり、おかゆを食べることができるようになっていた。1週間がたち、状況が変わり、助かったと実感した。それから、8日間入院し、結局、15日間入院をしていた。この入院の期間に、離婚や子供のことをいろいろ考えることとなりました。

 そして、離婚調停や離婚裁判の中で、自分自身をごまかしていたことに気づいた。今、自分は立ち直っていて、完璧だと思っていたのですが、そうでもなかったようです。

 離婚調停から離婚裁判が終わり、一つの結果が出ました。その結果を受け入れたつもりでした。父が急死し、葬式や法事などをとりおこない、人として成長したつもりでした。

 しかしながら、精神的には離婚の一連のことを整理できていませんでした。

 このことに気づいた私は退院してから、ひとつのことに取り組みました。(友人の助言)
 
それは気持ちに片を付けるということです。この方法はシンプルですがとてもいい方法です。


 次回、この方法を紹介します。精神的に疲労を感じている方は参考にしてみてください。

 絶対的な方法というのは世の中にはないと思います。

 だからこそ、いろいろな方法を試すことは大切なことではないでしょうか。

 

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 03:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

子供の親権について

私の場合は離婚調停でした。

当然のことながら円満調停もあります。

そもそも調停とはどのようなことなのでしょうか。

調停(ちょうてい)は、紛争当事者双方の間に第三者が介入して紛争の解決を図ること。主に法令によって制度化されているものを指す。(ウィキペディアより)

私が離婚調停を行い、離婚調停が不成立となり、裁判になったことを振り返ってみると、今はこのように思うのです。

本来、自分に自分のことを解決できる力があればこのようなことにはならなかった。

お互いの話し合いで解決したと考えます。

だから、自分と相手の力不足です。

人は感情が支配するのであって、理性は後からついてくる知恵と知識の産物だと考えます。

ですから、お互いの思いが先走り、子供の奪い合いになったのだと思います。

その思いは、子供に対しての愛情です。

但し、子供に対しての愛情だけでしょうか。

相手に対しての怒りや恨みなどの悪意もかなり影響すると思います。

そして、これは瞬間的に湧き上がったものでなくて、生活してきた積み重ねだったのだと今は考えています。


しかしながら、これは今の制度にも問題があるのではないでしょうか。

子供の親権は両親のどちらか一方となる制度に矛盾はないのでしょうか?

今の日本の現状に合った制度なのでしょうか?


そこにひとつの疑念がわき起こります。


今回の地震のときも、子供の安否を速やかに確認することはできませんでした。

養育費は毎月必ず送っていますが、子供に会うことに関しては拒否されているからです。


そもそも、どちらか一方にする必要があるのでしょうか。

子供の安否確認もままならなかったことに、そんな思いが出てきました。





家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 21:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | 体験談>息子について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

裁判離婚

裁判離婚には以下の離婚理由が必要です。
浮気などの不貞行為があったとき。
浮気が原因の場合、性行為が伴わなくても離婚の原因とされる事もあります。又、不貞をした側からの離婚請求は原則として認められません。


悪意を持って家庭を放棄したとき
生活費を渡さないために妻子が暮らしに困るというのは夫婦の扶助義務違反です。健康なのに働かない場合も問題になります。また、愛人がいたり、家族との折り合いが悪くての同居義務違反は、相手の不当性がはっきりしていれば離婚の原因になります。


3年以上に渡り、生死が不明のままのとき。
行方不明などで、静止の証明ができない場合のことです。行方不明などで3年、戦争や船などの沈没のときは1年が経過すると適用されます。


回復の見込みのない強度の精神病の場合。
相手の今後の療養生活などに、具体的な方策がないと認められにくいといえます


その他結婚生活を継続する事が難しい理由があるとき
暴力沙汰・侮辱などの場合、双方の受け止め方に相違はありますが、暴力夫を妻が訴えた場合は認められる場合が多い様です。この場合、怪我をした時の診断書などが決め手となります。
タグ:離婚

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

2010年07月29日

離婚届

離婚の合意と離婚届

離婚の方法には、協議離婚・調停離婚・審判離婚・判決離婚の4種類があり、協議離婚は裁判所が関与せず、夫婦の話し合いだけで離婚できます。日本で離婚するカップルの約90%は、話し合いで解決する『協議離婚』であるといわれます。
離婚の理由は、協議離婚の場合は特に問題になりません。夫婦の間で別れようと言う合意ができればよいのです。そして、離婚届に署名捺印して戸籍係に提出し、受理される事によって離婚は成立します。


必ず協議が必要な事項

どんな点を協議すればよいかというと、離婚の意思を確認するのは当たり前のことですが、一般に問題となるのは未成年の子の親権者とその養育費、財産分与・慰謝料です。財産分与や慰謝料は、離婚届の記載に関係のない事柄ですが、未成年の子の親権者を夫か妻どちらかに決めて届出用紙に書かないと、届は受理されません。
しかし、どちらの問題も、話し合いがつかないと不満に思う方が離婚届に署名・捺印を拒むという事になりがちですから、協議離婚の場合、この点が難点です。実際、夫婦同士では離婚の意思が固まっているにもかかわらず、子の引き取り、慰謝料の額、財産分与の方法等で意見が合わず、その為に離婚届が提出できないケースは多いのです。
上記の点も含めて協議が整わず、離婚届が出せないということなら、やはり家庭裁判所への調停へすすむようになるでしょう。親権者を決める為だけの申し立てもできます。

離婚届に関し、必要な事項

離婚届の形式的な面に触れておきますと、署名は本人の離婚意思を確実に証明するものですから、必ず自署する必要があります。捺印も本人が自分の意思で押す事が必要ですが、実印である必要はありません。

この離婚届は、持参しても、他人に委託しても、郵送してもよいことになっておりますが、戸籍係に到着する前に、当事者が死亡したり、遅配、紛失などの場面を避ける為に、本人の直接持参に勝るものはありません。どちらが提出しても構いませんが、普通は離婚を望む方がします。
証人は成人である事だけが条件で、親族に限ることもありません。提出する役場も、本籍地がある役場に限らず、どこの役場でも提出できます。但し、本籍地ではない役場に提出するときは、戸籍謄本が必要です。
又、離婚届の枚数は、どこに提出する場合でも、1通で通ります。

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。