2006年04月30日

養育費の金額

養育費の振込みに昨日行ってきました。

2万円

常識的に考えればとても少ない金額です。

もっと支払ってあげればいいのではないか。。。

この金額は夫婦の話し合いで決めた額ではありません。


この養育費の金額を決めたのは。。。。。

家庭裁判所の裁判官です。


私の離婚は裁判離婚になりました。

統計を見ると離婚裁判になるのは100人に1人くらいです。

わたしはその1人です。

離婚裁判を体験してわかったことがあります。

実際の裁判はテレビドラマのようにはいかないということです。


ご存じの方もいるとは思いますが、日本では、いきなり裁判になるわけではありません。

離婚調停が不成立になり、離婚裁判となります。

離婚裁判での和解がなされない場合に判決がでます。

この判決により、離婚、養育費の金額が決まりました。

養育費の金額は家庭裁判所の裁判官の判決によるものです。


では、いったいなぜこうなったのか?

この体験を少し話そうと思います。。。


タグ:離婚

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 17:28 | 離婚体験談>養育費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。