2008年02月06日

離婚裁判の証拠について

離婚裁判では証拠の提出が必要になってきます。


私はこのブログを書きながら、自分をふりかえり気づいたことがあります。自分自身の気持ちの変化です。
結婚前 結婚生活 子育て 病気 離婚調停 離婚裁判 判決離婚 養育費 それぞれの時期に自分の感情というものがあります。

そして、その中で、「なんで、こんなにがんばっているのに、わかってくれないのかな」という妻に対する思いが常にあったようです。

少し話がそれました。

ポイントは、その時々により気持ちが変化するということです。
気持ちが変化することにより、「いい」と思っていたことが「悪く」なったり、「悪い」ことが「いい」ことになったりすることってありませんか。

言い換えると「許せない」が「許せる」になったり、「すき」が「きらい」なったりした経験がありませんか。

まわりくどくてすみません。
ここは離婚裁判を行う人にとっては重要なことだと思います。
一つの事実には「いい」と「悪い」の両面があるのです。
こちらが「いいこと」と認識しても、相手はそれを「悪い」と攻撃するのです。

ですから、妥当性のある証拠、もしくは証拠になるような「感情(思い)」があれば事実をどのようにとらえてもいいのです。
ここが徹底できれば離婚裁判を有利に進めることができると思います。

私が離婚調停から離婚裁判へ進んでいく経緯には私の想いがありました。
「息子の将来を考えたときの裁判という方法でどちらに養育されたほうがいいか、公正な立場で公平に客観的に判断していただく。」
「息子がお父さんに捨てられたと思わないように、親権を主張したことを裁判という記録に残しておく。」
このような想いです。

この離婚裁判を記録としてとらえたことは間違いではないようです。

しかし、離婚裁判→裁判というものは公正な立場で公平に判断するものではないようです。

裁判官も私と同じ人間、特別な人間ではないのです。
離婚裁判は提出された証拠にもとづき、双方の主張を聴き、一定の判例にもとづき判決をだすだけです。特別な場所ではないのです。

私は現在、離婚裁判や離婚調停をこのように捉えています。

だからこそ、離婚裁判は戦いの場所と考えるのです。
戦うには戦い方、作戦があります。これは弁護士が協力してくれます。
しかし、何を勝ち取りたいかは本人が決める必要があります。

ここを曖昧にしては戦えません。まして、望む判決を導き出すことは困難でしょう。
自分の最大のパートナーである弁護士にどのような事実を告げ離婚裁判を行うかということは本人の自由なのです。

証拠と認識されるものをどのように作っていくかがポイントなのだと思います。

そう考えると、私の離婚裁判において、私は余りにもバカ正直で相手はとても賢かったと思います。


家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

2006年04月30日

家庭裁判所 提出証拠 メール1

離婚裁判においてメールは証拠となります。

弁護士の話では最近の流行だということでした。



私は調停や離婚裁判において家庭をまったく省みない人間といわれた。

それを否定するために以下のメールを証拠として提出した。

しかし、今振り返ってみると提出の仕方にも工夫が必要であったと思う。

どこが悪かったのでしょうか。

それは、今後、話していきます。

まずはみてください。

以下、抜粋です。

A被告が原告・○太・原告の親族を思いやっていたこと

11/27 12:54

A大変ですね。お父さんは、がんばる人だから、

○○ちゃんがしっかりして、いっしょに医師の話を聞き

安静にできるようにすることが肝心です。

11/28 10:34

メールが届きましたか。

A体調が悪いときは安静にすることがいちばんです。

12/9 22:08
今、無事に到着しました。CDを聞きながら運転しました。

音楽を聴くのは久しぶりの気がします。竹内まりあです。

癒されました。私は音楽に詳しいわけでも、

できるわけでもありませんが、

音楽には人の心や脳に作用する不思議な力があるんだな、

とはじめて強く感じました。なんだか、それを○○さんに伝えたかった。

A作ってくれたご飯おいしかったです。お義母さんに宜しく伝えてください。

身体を大切にしてね、○太のことは安心して預けています。

1/24 10:46
今、給油を済ませて、行くところです。A昨日話ができて良かったです。

○太の父親だからでなく、今までも、これからも、ずっと○○さんが好きです。

また、連絡します。お義母さん、○○さんに宜しく言ってください。

こんな感じのメールを証拠として提出しました。



家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

夫婦関係の証拠はメール 

離婚裁判においてメールの記録は証拠となる。

調停や裁判では夫婦の会話が一切なく、私は、家庭のことを

全く省みない夫だと言われた。

そんなわけで約1年間の記録をまとめた。

別居前の夫婦関係はどこにでもいる普通の夫婦だったと思う。

こんなやり取りをしていた。

8/15  18:31

時計用の単2の電池を買いそびれました。

コンビニ寄るなら買ってください




8/21 2:32  

今日はお疲れ様でした。会議が終わり、帰宅し、シャワーを浴び、

これからいただいたお赤飯を食べます。いろいろありがとう。。

お父さん、お母さんも疲れていると思います。いたわってください。

こちらのことは気にせず、ゆっくりしてきてください。



8/21 2:53

追伸 持って行ったお酒は○○の地酒です。

ぜひ、お父さんと飲んでください。

8/21 3:02

皆のおかげで無事を終えることができました。ありがとう。

帰宅も遅く、疲れたでしょう。

二人には、○○さんから○太を見てくれてありがとう、

と頼まれた。おこづかいを渡しました。とても喜んでいました。

8/24 16:56

お疲れ様。マクドナルドで遊んでご機嫌です。

9/7 15:16

気をつけて帰ってください。

9/7 15:11

お疲れ様。帰りは××インターから乗ります。○太くんは寝てます。



9/7 15:40

○○インターが近いよ。今、つきました。
こういったメールが夫婦間に会話があった証拠となった。


9/10 14:07

○太君の元気の良い声が聞こえました。

携帯もこういうふうに使わなくちゃね。

あまり疲れないようにしてね。



9/26 11:41

無事、姉のところにつきました。

明日から○○くんたちが休みなので、今日は買い物です。



9/29 14:22

お疲れ様。明日の夜か水曜日、迎えに来られますか?

わかったら、連絡ください。



9/30 15:16

○○水族館

たくさん遊んで、たくさん食べて寝てしまいました。

展望台ベンチにて。



10/2  10:11

お疲れ様。今日は、夕ご飯を待っています。


タグ:離婚

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。