2008年02月15日

離婚調停や離婚裁判のときの気持ち

離婚調停が不成立となり、離婚裁判となりました。

そのときに相手方からの訴えがはやかったため私は被告という立場になりました。
裁判の準備4←参考までに

今振り返ってみると、これはまずかったなと思います。離婚調停の時から相談していた弁護士からは離婚裁判の訴状の案はできていました。
相手を(妻=息子の母)被告にしないというような想いがありました。
そして、その時点では妻を被告にしなかったという安堵感などもありました。

しかし、この点が離婚調停においても、離婚裁判においても、私の欠点だったと考えます。自分のことですから、少し優しく言わせてください。「性格の優しさだったのです」(笑)「かっこつけ」(笑)「優柔不断」(爆笑)
ほんと、馬鹿だったのです。本質がわかってなかったのです。

自分がほんとうに何を望んでいたのか。その為に、何をするべきだったのか。
言うまでもなく、私は離婚調停のときも離婚裁判の時も子供の親権を望んでいました。そして、このことは揺るぎのないものでした。

今だから言えるのですが、この一点にしぼって徹底的に戦っていたら、結果はもう少し違っていたかもしれません。
相手の一番の痛いとこを徹底的につくべきだったと思います。
離婚裁判に勝つためには。。。

ところで、勝つ負けるはどのように決めるのでしょうか?

この離婚裁判において、相手の要求してきた金銭は
慰謝料800万円  養育費6万円です。

この金額に対しての判決については、多分、私の勝ちだったと思います。しかしながら、私の望んでいたことは、子供の親権です。

その点では負けです。

離婚裁判は結果がでます。

離婚の成立 子供の親権  養育費  慰謝料 

どんな結果が得たいかにより、作戦は違うと思います。

私の場合は「子供の親権」が得たかったのです。

だったら、先に提訴するべきでした。迷わずに。。。

これは、今だから言えるのですが。。。

離婚調停のとき、離婚裁判の前。。。。

私の行動を止めていたものがあります。

妻が少しは変わるのではと思っていたのです。

恥ずかしい話ですが。。。妻を信じる心が残っていたのです。

というようりも、信じたかったのかもしれません。

そして、離婚調停を通して相手方が変わると期待していたのです。

ほんの数パーセントでも期待したのです。

この自分の心が離婚調停から離婚裁判までの私の動きを鈍くしました。

今ははっきりわかります。相手が変わることを期待してもダメということが。。。。。
相手を変えることはできないのです。
もしできていたとしたら。。。こんな争いにはなりません。

「相手を変えることはできない」
だったら、どうすれば良かったんだろう。。。。
あれから、いろいろ考えました。

そして、今たどりついた考え方

「相手を変えることはできない」
できることは。。。
「自分を変えることだけ」

このことが、今の私のひとつの考え方です。

そして、離婚調停や離婚裁判の過程でこのことに気づければよかったのでいはないかと思っています。

離婚調停や離婚裁判が終わり。。。自分を振り返ることもできるようになりました。

本当にあの時は不安、焦り、怒り、悲しみ、苦しみ。。。
いろいろな気持ちになりました。

離婚裁判の判例を探したり、離婚調停のブログを探したり、弁護士に話を聞いたり、友人に話を聞いてもらったり、1日のうちに気持ちの浮き沈みが激しかったときもたくさんありました。

こんな時はどんなだろう。。。。
これからどうなってしまうのだろう。。。。
弁護士はこう言ってるけど大丈夫なのかな。。。。
友人は。。。親は。。。

調停委員は。。。
裁判官にこんなことを聞かれたが。。。

自分の将来は。。。子供の将来は。。。

その時は自分はしっかりしている、冷静だと思っていました。

そして、いろいろな情報が知りたかったのです。

特に離婚調停と離婚裁判の情報が知りたかったのです。

今、このブログを書いている理由は、
離婚調停や離婚裁判に直面している方にとっては、
私の体験でも役に立つことがあるかもしれないという想いがあります。

そして、自分を振り返り、前向きに生きたいという想いもあります。

たいした情報ではありませんが、知りたいことががあったらコメントをください。

ひとりでいるのは苦しいものです。

人気blogランキングに参加してます
よろしくね♪

離婚部門で75位です。
タグ:離婚
この記事へのコメント
先日相互リンクさせていただきました
離婚相談チェンジの小林です。

ブログで紹介させていただきました。
ご迷惑なようでしたら
お手数でもご連絡下さい。

今後ともよろしくお願い致します。
Posted by 離婚大作戦 at 2008年02月16日 07:59
私ももうすぐ離婚調停が始まるのですが、まさに同じ問題に今悩んでいます。妻の不貞行為による浮気の疑惑もあったのですが、妻には、言葉のDVと暴力のDVもあり、子供にも、手加減なしに頭を思いきり叩いていたこともあり精神的にストレスでボロボロになっていました。私の方にも精神の病があり妻も私の精神病に耐え切れなくなって、話し合いの結果、離婚になりました。何度か復縁を妻の両親にも頼まれましたが、復縁は、無理だと両親にも伝えました。妻は、調停ではひどい事を言わないって思っていましたが、このブログを見て考えがかわりました。言いたい事は妻には、気を使わずに、調停委員に言ったほうがいいんだと。とことん納得行くまで戦います。
Posted by けん at 2008年03月27日 00:13
けんさん、はじめまして。
応援します。納得できるように戦ってくださいね。もし、なんか聞きたいことなどございましたら、いつでも言ってください。
Posted by 利之 at 2008年03月28日 01:54
初めまして

私も離婚調停を二週間後に控えています。
こうなってしまった原因は私の至らなさと妻の非常識であると考えています。
ちなみに自分は学生ですので養育費を中々稼げなかったことも原因となっているかもしれません。
とにかく、一回目の調停で妻がどんな主張をするのかを知りたいと思っています。
自分の主張はもう固まっていて、そのために就職活動も行っていたので大丈夫かと思います。

妻に言えなかったことを調停委員に思い切りぶつけてみようと思います。

駄文失礼しました。
Posted by HARU at 2008年07月05日 00:56
はじめまして。
私も先日2回目の調停へ行き相手がたの妻は訴訟を起こすと申し立てています。私には言葉でのDVがあると調停員に伝えているみたいです。言葉のDV事実はですが、妻にも不貞がありますが証拠が明確なありません。離婚するにより子供2人の医療費手当がでるので調停員より説得もされています。また子供が(10歳長男)が育児発達障害という病気を抱えており、離婚することによる姓が変わるので子供のためにはよくないため姓は変えないと調停員より話がありました。
私は最後まで離婚は諦めたくないという意思が大きいです。今どうすればよいか相談してほしいです。
よろしくお願いします。
Posted by 辰哉 at 2011年06月29日 18:58
はじめまして。

私もつい2週間前にささいな喧嘩から妻が実家に帰省し、義両親ともに離婚を宣告されているものです。

子供はいないので、主さんほどきつい話ではないのですが、このままいくと離婚調停になりそうです。

女性って、一回気持ちがきれるととことんまで残酷になれますよね。それに対して男は情が残って、もしかしたらやり直せるかもって思いがちです。
私も割り切らなければとおもいつつ、もしかしたら仲直りできるかもと思いながら過ごしている日々です。

何年か後にはこれが甘い考えだと思い知らされるのだと思いますが、今はそう期待せざるを得ない悲しい男心なのでしょう。
Posted by かっち at 2011年11月19日 16:39
Posted by 渡邊です at 2012年06月20日 17:19
見てて泣いてしまいました。今から一回目の調停札幌始まります。 妻は自分で離婚を決意したのでわない
親や姉が離婚しなさいと言ってるんだって 嫁を悪者にしたくないのです。 弁護士を通して手紙も書きました。きっと読んでくれて もう一度私を見直して くれるに違いない。
Posted by 渡邊です at 2012年06月20日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84194950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。