2011年07月19日

離婚と直面する。

裁判で離婚が成立するということは、戸籍に裁判離婚という記録が残るということです。

この事実をどうのように受け止めるかというのは人それぞれ考え方が違うと思います。

こういった書類もひとつ、ひとつ、もう一度見直していくと感想が違ってきます。

裁判で離婚が成立した当初は、判決を無理やり納得していた。

裁判所で決まったことなのだから仕方ないのだと。

それから月日が経過して、裁判の戦い方が悪かったのだと実感してきた。

戦い方に後悔もあった。

当初は正直に、誠実にと思っていたし、裁判でもそれは貫いた。

でも、以前にも書いたと思いますが、離婚調停とちがい、離婚裁判は戦いだから、有利か不利という考え方で嘘も方便でいいということに気が付いた。

相手がそうだったからよく分かったのだが。

世の中に真実とか事実はたくさんあるけど、裁判に真実や事実はないなと思ったのです。

そして、それは今もかわらない。

お互いの言い分が違うのだから、両者とも自分が正しいと主張するから争って裁判になるんだから、裁判官が信じられる妥当性を見つけられればいいのだし、過去の判例から逸脱しないようになるのは明白だ。

だから、情など断ち切って徹底的勝てる要素をみつける。

そして、証拠として提出し主張するこれだけだと思う。

離婚調停とか円満調停とか話し合いの段階ではまた対応がことなる。

裁判とはそういうものだと身に染みた。

そして、かなりの期間、頭の中でそういったことが思い出された。

自分は納得した、大丈夫だと言っていたが、本当はいろいろなことを考えていた。

時間の経過だけでは埋めきれないものもあった。

ところが、最近、そういったことがさっぱりなくなった。

いつも、心の中に占めていたおもりと、霧がなくなった。

心の中のヘドロがなくなった。

いろいろなことをすっきりと考えられるようになり、体調も良くなった。

更に、太りがちだった体重は7キロも落ち、あらゆる面でスッキリしているのだ。

人間考え方により、ここまで変わるのかと思う。

そして、スッキリする前の行動を思い出した。

このことは次に話します。

離婚に直面し、相手に不信感を持っているとき、心は重く、体も重い、霧も晴れず、

焦り、怒り、悲しみ、後悔など本当にいろいろな感情がわいてくる。

でも、これだけはわかった、少し時間が必要かもしれないが、心のあり方で今がどんなに逆境でも生きていれば必ずよくなります。

良くなりたいと願えば本当によくなります。

今を悲しんでいる方、苦しんでいる方、悩んでいる方、必ずよくなるから生きていこう。

タグ:離婚
posted by 利之 at 05:57 | Comment(7) | TrackBack(0) | 体験談>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>裁判に真実や事実はないなと思ったのです。

同感です。
判例が基本となり裁判官への心象含め、
婚費・調停から裁判期間など総合的な判断での判決。
合理的に裁判所は判断する。
離婚は必ず成立します。と思いました。
Posted by me at 2011年07月20日 13:07
拝見させていただきました。
私は15歳、10歳、4歳の三姉妹の37歳の専業主婦です。2年以上前から2度旦那の不貞のせいで離婚の話し合いになりました。最初は子供は預けるからと親権争いはしない方向で話し合って進めると離婚に応じているのですが、熱が冷めると泣きながらやり直したいと言って来ての繰り返しでした。つい最近、お互いのストレスが爆発し、とうとう娘たちの前で首を締められる、倒されるなどの暴力を振るわれました。もう一緒には居られないと言ったら、俺は今のままでいい。それでも離婚するなら、親権争いはすると言われました。ネットで色々調べているうちにこちらに辿り着きました。拝見させていただいて、生半可な気持ちでは絶対に無理だなと思いました。正直、お互い子どもの親として憎しみ合いになってしまうのが恐いです。もう少し考えてみます。そこまでしてでもこの人と一緒に居られないか、と。
ありがとうございました。
Posted by hiro at 2011年07月26日 19:03
来月下旬に離婚調停が待ち受けている者です。
この辛さ、体験した者でないと分からないですね。
まったくもってブログの内容に同感です。
苦しいです。
Posted by Pochi at 2011年07月30日 20:08
はじめまして。
高校生〜小学生の3人の子供がいます。
3年半前不貞未遂?と身体的性的DVで調停しましたが3回して不調⇒取り下げました。
あからさまなDVは収まりましたが、ものすごいモラハラで子どもたちからも勧められ
現在2度目の調停中です。
3回目で離婚に合意は出来ましたが結局お金でもめてます。
早く終わらせたいと思っていましたが、後悔したくないです。生活は十分苦しいですし。妥協しないぞ、戦うぞ、という気になりました。
ありがとうございました。


Posted by at 2011年08月04日 12:03
七年前に夫の浮気が原因で離婚しました!2人の娘がいましたので養育費の問題もあると思い    家庭裁判所で調停をしました!
親権は、婿養子だったので旦那が籍を抜けたので意外にスムーズでした!

結局、養育費は、半年だけでその後は、リストラされたから払えないと言われ 泣き寝入りです!
家庭裁判所に相談しても
無理に取り立てられないと言われ終わり はっきり言って 
ちゃんと 責任ある男は、
家庭裁判所通さなくても きちんと払うし 無責任な男は法律なんて通用しません!
関わってたら疲れちゃいます

子供の為を思うなら 樹木希林状態 が一番なのかもですね!

別居が一番かもです!

戸籍だけでも家族でいてあげることです!

どんな人間でも遺伝子うけた父親ですから!

遠く離れて たまに会うが一番かもです!


Posted by 経験者 at 2011年08月28日 23:30
七年前に夫の浮気が原因で離婚しました!2人の娘がいましたので養育費の問題もあると思い    家庭裁判所で調停をしました!
親権は、婿養子だったので旦那が籍を抜けたので意外にスムーズでした!

結局、養育費は、半年だけでその後は、リストラされたから払えないと言われ 泣き寝入りです!
家庭裁判所に相談しても
無理に取り立てられないと言われ終わり はっきり言って 
ちゃんと 責任ある男は、
家庭裁判所通さなくても きちんと払うし 無責任な男は法律なんて通用しません!
関わってたら疲れちゃいます

子供の為を思うなら 樹木希林状態 が一番なのかもですね!

別居が一番かもです!

戸籍だけでも家族でいてあげることです!

どんな人間でも遺伝子うけた父親ですから!

遠く離れて たまに会うが一番かもです!


Posted by 経験者 at 2011年08月28日 23:33
心の片付けについて… 「断捨離」と言う言葉がありますが、離婚を乗り越えるには正しく断捨離が必要なのだと思いました。 過去は変えれないし、人を変える事は出来ない。 だとすると、残りの人生自分の目標に向かって生きる事。それが出来た時が一山乗り越えたときなんですね。 それから、男の子には父親は絶対に必要だと思います。 いつまでも小さな子供でいる訳ではありません。多感な時期を迎えた時に男の子にとって将来を見据えたり、爆発的行動を押さえる力は父親から学ぶのです。 母親からは慈しみを、父親からは強さを学ぶのです。 利之さんの前の奥さんにはまだ見えてないでしょうけど、男の子に父親が一番必要なのは中学生から高校生の間ですよ。 利之さんのお父さんは、ちゃんと利之さんの多感な時期を見守って家を出られたのだと思います。 だからこそ利之さんは道から外れる事なく育たれたのでしょう。 夫婦は他人でも親子の縁は永久に切れませんよ! 利之さんが、久しぶりにお父さんに再会されたように、いつか息子さんの意思で利之さんに会いにいらっしゃいますよ。 絶対に! 夫婦は他人と申し上げましたが、他人でも思いやりや感謝の気持ちがあれば、離婚裁判にまでなる事は絶対にないと思うのです。 もちろん、この思いやりや感謝はお互いが同じ様に持たないといけないものだと思いますが。 片方が感情を剥き出しにして来たのでは、結局、法に任せるしかない… となる訳ですから泥沼化は必至です。 ただ、不思議なのは、それで本当に子供を心から愛していると言えるのでしょうか? 子供の為に自分の人生を犠牲にした方がいいと言っているのではありませんよ。 本当に子供を愛していたら、感情を剥き出しにして争う方向には行かない気がするのです。 ちょっとしや優しさや、ちょっとした相手への思いやりや感謝の気持ちがあれば、みんな円満離婚出来て、子供を中心に違う形の家族付き合いが出来るのに…と思います。 子供にとって何が大切か… 子供の人生をどう導いてやるか。 これこそ親の責任だと思うし、人として普通の発想の様な気がします。
Posted by こころ at 2012年02月11日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。