2011年06月15日

過去に片をつけるとしたら

このブログをご覧いただいている方は、さまざまな状況に置かれているようです。

コメントをやり取りをしたり、メールのやり取りをしたりしていて、一人一人の方の状況が少しわかってきます。

たくさんの方が離婚を考えたり、離婚調停に直面したりしています。

親権のの問題や養育費の問題などほんとうにさまざまな問題に直面して、悩んだり、苦しんだり、悲しんだり、怒りに震えたりしているのです。

そして、私もそういった一人です。

過去の記事で離婚調停に直面した状況や離婚裁判に直面した状況を記述してきました。

その時々の私の感情や対処方法や考え方、その時、考えられる対策などを記録しています。

これはこれで、読んでいただいている方のひとつの参考になるかなと思っています。


さて、私は入院して、正直、自分はこのまま死んでしまうのかなと思ったくらいの、沈痛な気持ちをもっていました。

退院してもどこか不安であった私に友人が紹介してくれた本は2冊です。

その1冊がこれです。


「人生がときめく片づけの魔法」著者:近藤麻理恵
書店に行くと必ず目立つところに置いてあります。

まず、友人がこの本を読むようにすすめてくれました。

ひと言でいうと、片づけをしたことで「過去に片をつけた」から。その結果、人生で何が必要で何がいらないか、何をやるべきで何をやめるべきかが、はっきり分かるようになるのです。(本文より抜粋)

このように、書かれているのですが、この本を実践してみると、このことが体感できます。

私はこの本を読みながら、片づけをはじめました。

私はかなり、整理整頓が上手と言われていて、会社でも机の上と中が一番きれいです。

でも、いざ住まいの片づけをはじめてみると、今は必要のない過去の物で溢れていました。

離婚調停の時の資料や子供の思い出のものでいっぱいでした。

それをひとつひとつ開き、いるものいらないものに分けていきました。

いる、いらないと、自分の心の未練を断ち切るように決断していったのです。

見ることで心の痛みを感じるものがたくさんありました。

気持ちの整理をして現実に生きていると思っていたのですが、実は過去の思い出にひたり、現在に集中できていない自分自身に気づきました。

ひとつひとつの思い出の品をいる、いらないと決断してほとんどの物を捨てました。

それは、自分自身の心の中と頭の中のゴミや膿みをとるような作業でした。

この本を読むことがなければ、過去と片をつける方法がわからなかったと思います。

友人に片づけをして、かなり、気持ちがすっきりしたことを伝えると、もう一冊の本を紹介されました。この本も本当に自分を楽にしてくれました。


今、現実に直面している方にとって「片づける」ことは、難しいかもしれません。

しかし、自分自身の頭の中を整理することで見えなかったものが見えると思います。

片づけることにより状況が好転することもあると思うのです。

大変な現実をかかえている方が多いと思います。

それでも、少しだけ、この話も参考にしてみてください。

きっと、あなたの役に立つと思うのです。

もう一冊については、次の機会にお話しします。
posted by 利之 at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209933010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。