2014年10月11日

人生いろいろなことがあります。

2013年から2014年にかけていろいろなことがありました。

4歳の時からあっていない息子は今は中学生です。
当たり前の事ですが養育費も滞りなく振り込めています。

過去のことが冷静に振り返ることができるようになりました。

離婚して良かったと思えるようになったのです。

息子に会えないことは寂しく思います。
それでも離婚してよかったと思っています。

東日本大震災があった1ヶ月前に転職が決まっていました。
後輩がぜひ来てくださいといって紹介してくれた会社。

東日本大震災が起きた1週間後には内定が取り消しになりました。
どうしたらいいのだろうと悩み考えました。

さらに、その時に食中毒になり3週間の入院です。

退院した時には体力もなく途方にくれていました。

もう二度と会社には勤めないと決めて自宅で仕事をするようになりました。
半年間収入はありませんでした。

でもそれから徐々に収入が増えて、今年の2月には法人化することができました。

失意にくれていた自分が今は前向きに希望をもって歩いています。

なんとかなることもあるのだなと、生きていてよかったと思えるのです。
これからも、色々なことが起きるはずです。
それでも、生きていればなんとかなると思えるようになりました。


家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。