2011年04月13日

子供の親権について

私の場合は離婚調停でした。

当然のことながら円満調停もあります。

そもそも調停とはどのようなことなのでしょうか。

調停(ちょうてい)は、紛争当事者双方の間に第三者が介入して紛争の解決を図ること。主に法令によって制度化されているものを指す。(ウィキペディアより)

私が離婚調停を行い、離婚調停が不成立となり、裁判になったことを振り返ってみると、今はこのように思うのです。

本来、自分に自分のことを解決できる力があればこのようなことにはならなかった。

お互いの話し合いで解決したと考えます。

だから、自分と相手の力不足です。

人は感情が支配するのであって、理性は後からついてくる知恵と知識の産物だと考えます。

ですから、お互いの思いが先走り、子供の奪い合いになったのだと思います。

その思いは、子供に対しての愛情です。

但し、子供に対しての愛情だけでしょうか。

相手に対しての怒りや恨みなどの悪意もかなり影響すると思います。

そして、これは瞬間的に湧き上がったものでなくて、生活してきた積み重ねだったのだと今は考えています。


しかしながら、これは今の制度にも問題があるのではないでしょうか。

子供の親権は両親のどちらか一方となる制度に矛盾はないのでしょうか?

今の日本の現状に合った制度なのでしょうか?


そこにひとつの疑念がわき起こります。


今回の地震のときも、子供の安否を速やかに確認することはできませんでした。

養育費は毎月必ず送っていますが、子供に会うことに関しては拒否されているからです。


そもそも、どちらか一方にする必要があるのでしょうか。

子供の安否確認もままならなかったことに、そんな思いが出てきました。





家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 21:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | 体験談>息子について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。