2009年06月08日

離婚裁判の口頭弁論

離婚裁判の口頭弁論が終わりました。

相手方の準備書面(1)にはいろいろな事実と異なることが書いてありました。私は相手方の主張を否定するために様々の証拠を集めることになります。

それと同時に弁護士のアドバイスを受け、反訴を行いました。

相手方の離婚の訴訟においては私は被告となっています。

反訴状では私は反訴原告となります。相手方は反訴被告となります。

この反訴状の作成は勿論、弁護士が作成するのですが、内容については打ち合わせを行います。そして、作成した原案を私がチェックしました。私が裁判を経験したのはこの離婚裁判がはじめてのです、弁護士とかかわりをもったのもこの離婚調停から離婚裁判がはじめての体験です。そこではじめて知ったことがほとんどです。
いろいろなことがほんとうに時間がかかると感じました。

少し話はそれるのですが、弁護士にいろいろ聞きたいことがあるとしたら、率直に聞いたほうがいいと思います。
私は最初は遠慮しながら聞いていました。
私の性格からなのでしょうか、半年くらいお付き合いをしてから、本当にどんどん積極的に聞くことができるようになりました。
「こんなこと聞いていいのかなとか、聞かないで納得しておこう」
というような心の動きがたくさんありました。
生きてきて常に謙虚でいなければと考えてきました。

しかしながら、離婚調停や離婚裁判においては、こういった謙虚な姿勢というのはほどほどでよいのだと今では考えています。
主張することは主張し、疑問点は疑問として聞く、納得できない点は納得がいくような説明をうけることが大切です。

そうしないと、たくさんの後悔がのこってしまうような気がします。
離婚調停は話し合いですし、離婚調停における最終的な結果もお互いの合意によって成立します。
しかしながら、離婚裁判においては途中で和解が成立しなければ判決がくだされます。
判決は原告、被告の双方が納得できるようなものではありません。
どちらかが勝ち、どちらかが負けるのです。
そのときに、「あの時こうしておけば」とか「なんでこうしなかったのか」というような後悔はなるべく少なくしたいですよね。
このようなことから私はいろいろなことを率直に聞いたほうがよいと感じるのです。

もし、あなたが友人や知人などから「話の内容がよくわからない」とか「話がまわりくどい」といわれることがあるとしたら、あなたは恐らく、とてもやさしい心を持っている方でしょう。
そして、あなたは自分では率直に聞いているつもりでも、相手に伝わっていないケースがあるということを想像してみてください。
やさしい方や思いやりがある方は相手を傷つけないようにしようと言葉を選びすぎて、真意が伝わらないケースが多いように感じます。
私自身がそうでした。

かなり話がそれてしまいました。

離婚裁判の証拠集めについては改めて書くことにします。

反訴状は以下のような内容でした。




              反訴状
                       平成○年○月○日
○○家庭裁判所 御中
                   反訴原告訴訟代理人
                       弁護士  ●●●
本籍○○○○○○○○○○○○○○○○
住所○○○○○○○○○○○○○○○○ 
           反訴原告 〇○○(私)
住所○○○○○○○○○○○○○○○○(送達場所)  
                    Tel
                    Fax                反訴原告訴訟代理人弁護士  ●●

本籍○○○○○○○○○○○○○○○○
住所○○○○○○○○○○○○○○○○
           反訴被告 〇○○(相手)

平成○○年(家○)第○○号離婚等請求反訴事件
訴訟物の価額    金●●●●万円
貼用印紙額         ●万円

第1、請求の趣旨
 1、反訴被告と反訴原告とを離婚する。
 2、反訴原告と反訴被告間の長男○○○(平成○○年○月○日生)の親権者を反訴原告と定める。
との判決を求める。
第2、請求の原因
 1、反訴原告と反訴被告は〜、婚姻の届出をした夫婦である。

 2、結婚生活の経緯
(ここで出会いから結婚、結婚生活の経緯から現状までのを記述しました。引っ越しや転職まで生活の大筋を記述しました。)

 3、反訴原告と反訴被告間には、婚姻を継続しがたい重大な事由がある。
(ここで婚姻関係がはたんしている事実について記述しました。)

 4、親権者について
(ここで親権者として私がふさわしい根拠を記述しました。)

 5、本訴離婚事件が貴庁平成○○年(家○)第○○号事件と係属している(次回期日 平成○○年○月○日午後○時○分)。

 6、よって、請求の趣旨記載の通りの判決を求め、本訴に及んだ。



反訴状はこのような内容でA4で3ページのものでした。
相手方の訴訟に対して、こちら側も訴訟をおこすことにより、こちら側の主張および望む判決を受けるための訴訟ということです。

離婚裁判の経験しかないのですが、このとき弁護士に聞いた話では、このように離婚裁判においては一つの訴訟に対してこのような反訴や他の訴訟がいくつも出てくるケースがほとんどということでした。
                
家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。