2008年08月26日

面接交渉について

1通のFAXが届いた。


児童心理相談          臨床心理学:○○さん
子供の心理状態
お父さんもお母さんも大好き
大人の勝手でふりまわされている

夫婦間の事柄
子供の前では夫婦間の話はしない→今は遠ざける
そして話を進めてください。(とても敏感になっている)
お互いを引き合いにして物を言ったり、説明しない
お互いの悪口は言わない
会う機会が少ないほうに子供は魅力を感じるが育てている側は自信を持って、私は子供に対してこう思うからこうするのよと、説明し続ける→納得できる年齢

通園して半年で、落ち着いて生活のペースを作り成長し続ける時期なのでそれを大切にする。
上記が要点でした。
又、会う機会時に話し合いましょう。


話は少し遡るが、離婚の話が急加速していったのはこの1通FAXが届いてからであった。

妻が子供が私との別れ際、情緒不安定になることから子供を児童相談に連れて行った。

そして、内容を1通のFAXにまとめた。

息子に会わせることはできない、会いたいのであれば無条件に離婚届に判をつけということであった。

離婚が成立したら、きちんと話をして、面接ができるようにする。
臨床心理士もこのように言っているから、すべては離婚が成立してからということであった。

相手方がその本音を出してきたのはここからでした。
そして、私たちは離婚調停から離婚裁判へて進んでいったのでした。

FAXを見た後、一度話し合いを持ちました。
しかし、ともかく離婚届に判をつけという内容のものでした。

子供に会うのはすべては離婚が成立してからの一点張りでした。

前の週に子供と会い、来週も会えるからねと約束したあとでした。
そして、結局、それから一度も会っていません。

離婚調停を繰り返し、離婚調停が不成立となり、離婚裁判の経緯となるのです。
ここまでして、私を子供に会わせたくないのかという思いでした。

何故、こんなふうになってしまったのかということをこの時は本当に思い悩んだものでした。

今は結果に対しては受け止めています。

但し、離婚調停中も離婚裁判中も、「何故、なぜ」という思いや怒りや悲しみなどが複雑に絡んできました。

自分の感情と折り合いをつけることがとても難しいのです。
不安や苦しみや悲しみがあります。

このような感情は私だけでなくきっと誰もが直面するのだと思います。

こういった感情は薄れるものだと今は思います。
しかし、忘れることはないようです。

子供への愛情は忘れることはありません。
子供の成長した写真はないですが。。。。。
息子の写真はいつも財布と名刺入れにいれてあります。




家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 16:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | 離婚の知識>面接交渉権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめリンク

離婚
円滑に離婚する方法を紹介しています。

大阪猫の日本縦断旅行 ぱとのホームページ」 − かわいい猫パトちゃんと日本全国を旅した記録。コメント入りの写真満載です。

猫の里親リンク集&緊急SOS − 動物を愛する心優しい皆様、身寄りのない猫ちゃんたちを幸せにしてあげてください。

模型研究室 − 模型研究室では主にプラモデルの作り方や製作過程、完成画像を扱っています。

さよならスヌーピー− 今は天国に暮らす愛犬「スヌーピー」に捧げるページ。

Yoshida's home page −管理人さんがサイクリングで北摂の魅力を紹介してくれます。ウグイスの鳴き声や鐘の音も聞けて臨場感・季節感ばっちり!

 雑貨ショップ・コスモス−アクセサリー・インテリア雑貨・ファッション雑貨・パッチワークなど、お気に入りの商品を見つけて下さい。







タグ:リンク

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 16:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | リンク>リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離婚等請求事件 準備書面(1)

原告は被告の準備書面(1)について以下のとおり反論する。

このような文章からはじまる相手方の準備書面を読んだのは、
口頭弁論期日が終わってからのことです。

私は口頭弁論には出席しませんでした。
これは弁護士に任せることができるのです。

相手方は当時の妻と義父が出席したということです。

私たちの提出した準備書面に関して相手方からの反論が記述されていました。A4の用紙に5ページほどのボリュームでした。

この内容は私にとってとても不本意なものでした。


私が答弁書にて記述した中で、相手方の有利になるようなことだけは肯定してありました。

しかしながら、その中身は私にとって事実ではないこともたくさん書いてありました。

また、完全に事実でないことも書いてあります。

例えば、私が幼稚園の入園金を使い込んでしまったとというようなことも書いてありました。このことは調べてみると元妻が子供の入園金をキャンセルして返金を受けていました。私は全く覚えがないことなので幼稚園に行き、入園金のキャンセルについての領収書の控えをコピーしてもらったのです。そこには、元妻の字で彼女の名前が署名されていました。本当に何でもありなんだなと実感しました。

相手方の記述していることがすべて嘘だとは言いませんが、このような事実でないこともたくさん書いてあります。

でも、第三者(裁判官)からみれば何が事実かなんて分かりません。
証拠にもとづき裁判官の判断したことが事実になります。

だから、相手方の準備書面に対して私は証拠を集め、反論する必要があります。

そして、自分の主張を裏付ける為の証拠も必要となります。

このことは、自分自身でやるしかありません。
もちろん弁護士はアドバイスしてくれます。
でも、私たち夫婦の間に起こったことは私たちにしか分かりません。

警察が容疑者を取り調べるような事とは全く違います。

次回の書類提出の期限まで私はこのことを徹底的に行いました。

相手方の準備書面を読むのは精神的にかなりきつかったけれど、
何度も何度も読み返し、認める、認めない、争う、わからない、
という内容を決めました。

そして、その証拠を集める作業が始まったのです。

このことを行っていくことで、私は結婚生活を振り返ることに直面し、人の気持ちが変わることに直面し、裁判は争い、戦いということに直面していきます。

今考えると貴重な体験ですが。。。。

本当にこの当時は毎日が苦しく。。。。

息子に会うことができるのか。。。。

なぜ。。。このようなことに。。。

相手が憎い。。。。相手の親が憎い。。。

騙された。。。

俺が悪いのか。。。。

息子には「本当にごめん、ごめん、ごめん」

お父さんは頑張るから。。。。



ほんとうにいろいろな気持ちがありました。

でも、期日は刻一刻と迫ってきます。

証拠集めと証拠作成の日々のはじまりでした。


家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。