2008年02月23日

離婚裁判の答弁書(書き方の注意点)

離婚裁判での答弁書の書き方についてお話しさせていただきます。

まず、離婚裁判の答弁書について、私がこだわる理由をお話しします。
離婚裁判では原告(訴えた側)と被告(訴えられた側)がいます。
原告は弁護士を通じては訴状を作成して裁判所に提訴します。

離婚の場合は離婚調停が不成立になった場合に離婚裁判になります。

私は離婚裁判になると覚悟していていました。しかし、この訴状が来たときは動揺しました。実際にその時点では、私も弁護士を通じて訴状を作成していました。相手方の方が提訴したのが早かったのです。それでも、動揺したのです。

いろいろなケースにより異なるでしょうが、私のように覚悟していても動揺するのです。離婚調停が不成立に終わり、いろいろ考えている状態の方であればもっと戸惑うことでしょう。

離婚裁判の準備をしていない状況であれば、弁護士に依頼するところからはじまります。弁護士への依頼の話は別の機会に話したいと思ってます。
人気blogランキングに参加してます
よろしくお願いします♪離婚部門で40位です!


今回は答弁書です。訴状が来たら、答弁書の提出期限が定められています。私の場合は一月半位の期限でした。日数があるようですが、実際にはそうでもありませんでした。

そして、ここからがポイントです。訴状ってひどいことが書いてあるのです。離婚調停をしたからといっても、これが一緒に生活していたあの人か。。。という感じです。この訴状が本当だったら、私はどんな人間なんだ。。。と思い、もう一度、読み返す気力さえ失せます。

それでも、提訴された以上、答弁書は作成する必要がありますし、離婚裁判においてはとても重要なものです。


このように最初に精神的ダメージを受けてから答弁書作成するようになります。だからこそ答弁書にこだわるのです。


少し言い忘れましたが、この答弁書は自分で作成するわけではありません。弁護士が作成します。

しかし、訴状に書いてあることを認めるか、認めないのかを決めるのは弁護士ではありません。
訴状に書いてあることを認めるか、認めないのかを決めるのは私です。もし、離婚裁判に直面している方がいたら、あなたが決めるのです。
離婚裁判の訴状3
離婚裁判の訴状 (注意書)
↑この2つの記事のコメントは参考になります。

弁護士は「本当のことだけを言ってください」と言うでしょう。

相手方の訴状は私にとってはデタラメでした。だったら、私もあることないこと言ってやれという感じになります。

しかし、弁護士に聞いてみると、ほんとにあったことだけでいいし、誇張する必要はないということでした。

このことを言葉通り受け取ってはいけないというのが私の気付きです。
事実と真実の違いについては前回お話しました。興味がある方はこちらの記事を読んでみてください。
離婚裁判の答弁書(事実って何?)

本当のことは自分(私)にしかわかりません。だったら、自分に嘘をついていなければ、何を言っても、いいと思います。(実際、私はこの点が中途半端でした。)
でも、こんなことは弁護士は言わないでしょうね。弁護士のリスクになります。また、言う必要もないです。

私は、子供のころから「正直すぎる」と言われました。
社会人になってからは「嘘も方便」とか「うまく嘘をつけ」とか言われました。
人はそれぞれ、性格、性質が違います。価値観も違います。

言葉の解釈も違います。裁判は争い、戦いという側面が強いです。
戦いにおいては、臨機応変にずる賢い(クレバーな)人が勝ちますよね。だから、世間的な正直さや誠実さは戦いの邪魔になると思います。きちんと、計算できる人の方が勝つ確率は高いのです。

訴状をよく見て、相手のウイークポイントを見つけることは私(当事者)しかできません。認める、認めないは私だけが決めることができます。弁護士が決めるのではありません。

答弁書を作成するためには、訴状をよく読む必要があります。私にとっては当時はとても辛いことでした。

でも、今読んでみると、よくここまで相手も書いたなという感じです。
相手が勝手に書いたことを真に受ける必要はないのだと思います。

長々と書いてしまいましたが、私の言いたいことは二つです。

1.認めるか認めないかは、あなたしか決めることはできません。あなたの自由です。(根拠は必要です。)

2.相手のデタラメを真に受けてショックを受ける必要はない。

この二つは私自身の離婚裁判においては、中途半端でした。
それは、私の気づきであり、学びであり、反省です。

人気blogランキングに参加してます
よろしくお願いします♪離婚部門で40位です!




家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

2008年02月19日

離婚裁判の答弁書(事実って何?)

離婚裁判の答弁書について、今回も書きたいと思います。

以前、答弁書についてふれたときにいろいろな方からコメントをもらいいました。
離婚裁判の訴状3
離婚裁判の訴状 (注意書)
↑この2つの記事のコメントは参考になります。コメントをチェックしていただければあなたの役に立つと思います。

離婚裁判の答弁書の作成や離婚裁判の陳述書の作成をしていて、私なりに気付いたことがあります。離婚調停のときとは違うということは今まで何度も話しましたが、それとは異なる気付きです。

人気blogランキングに参加してます
よろしくお願いします♪離婚部門で51位です!



弁護士は「事実」を客観的に正直にと言います。
また、私の担当の弁護士はあまり感情的にならないほうが裁判官に読みやすいとも言ってました。

ここからが私の気付きです。
「事実」って何でしょう?今まで何度も言ってきてくどいようですが、
「事実」はその人の考え方や立場によって違います。同じ景色を見ていても角度が違えば全く違う景色になってしまうのと同様です。
離婚という裁判で争っている相手とあなたでは「事実」は全くちがいます。少なくとも、私の裁判では相手方と私では180°違っていました。
このことからの、気付きです。
ということは「事実」は私が確信をもって言えることであればいいのではないかということです。人に説明するときに矛盾がなければ「何をどうとらえてもいいということではないでしょうか」
「嘘」を全くないことを創作してしまう仮定しましょう。
そうすれば、実際にあったことをどのように解釈しようがいいのではないでしょうか。
これが私の気付きです。
もう一度言います、全くなかったこと以外は事実ではないでしょうか?
それを私やあなたがどのように人に伝えるかだけです。
離婚裁判においては裁判官と弁護士にです。
弁護士はあなたの味方です、でも、判決に関するリスクは背負ってはくれません。(当たり前のことですが)
だから、正当性のあること、言いかえれば安全なところまでしか言えないですよね。
リスクを背負うのは私やあなたです。(当事者です)
この覚悟があれば何を事実としてもいいのではないでしょうか。
例えば、毎日、口論していたとしても、「それは相手を愛していたから」とも言えます。相手は「あなたの発言から愛情を感じなかった」というでしょうね。
100%のうち、愛情が1%で憎しみが99%だとしましょう(極端ですが)愛情をもった瞬間のあなたの気持は100%愛情ですよね。その気持ちが過ぎ去ったあと憎しみが怒ったりしますよね。

ということは、この事実は愛情100%と言えます。
「事実」はこのようなことでいいような気がします。
このように考えて離婚裁判を戦っていたら、どうなっただろうと考えることがあります。
そして、このことが私の気付きです。
離婚裁判では、とことんいけば判決がでます。(和解もあります。)
「事実」はどのようにも捉える事ができる気がします。

そして、真実はちがいます。真実はあなただけが知っています。



人気blogランキングに参加してます
よろしくお願いします♪離婚部門で51位です!

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

2008年02月18日

離婚裁判の答弁書

離婚調停が不成立になり離婚裁判となりました。

相手方が先に提訴したため、私は被告となります。
相手は原告となります。
私は離婚調停の時点から弁護士を依頼していましたので、提訴された事実は弁護士から聞いていました。
そして、訴状が届きます。

この訴状の内容は本当に読むに堪えないくらい、一方的に悪く書かれています。はじめて、読んだ時は「ショック」でした。
そして、訴状が来ると同時に「口頭弁論期日呼出及び答弁書催告状」というものが同封されています。

以下の書式です。


事件番号 平成○○年(家×)第●●●号
離婚等 請求事件
原告 ○○○○
被告 ○○○○(私)

口頭弁論期日呼出及び答弁書催告状
                  平成○○年○月○日

被告○○○○殿(私)

           ○○家庭裁判所家事第●部○○係
               裁判所書記官 ○○○○ 角印

頭書の事件について、原告から訴状が提出されました。当裁判所に出頭する期日及び場所は下記のとおり定められましたから、出頭ください。
なお、訴状副本を送達しますから、下記答弁書提出期限までに答弁書を提出してください。

期日   平成○○年○月○日 午前10時30分
     口頭弁論期日
出頭場所 当裁判所   ○○○号法廷

答弁書提出期限  平成○○年○月○日(口頭弁論期日の1週間前)

(出頭の際には、この呼出状を上記場所で示してください。)




このような書類が届きます。
これがあなたに届いたとしたら、最初にどうのように感じますか?

私は「被告。。。なんだ」とショックでした。
私は被告という言葉に悪い印象を持っていたのです。

もし、私と同じような立場の方がいたら、私のアドバイスを少しだけ聞いていただけませんか?

被告って言葉にショックを受けることはありません。」
これは、ただ、相手方が先に提訴したということだけです。
言葉に惑わされないことです。

私は「被告」という言葉に落ち込みました。
訴状の内容に落ち込みました、怒りました、不安になりました。

離婚裁判が終わった今だから言えることですが、
こういったことにショックを受けても、結果は悪くなるだけで、いい方向にはならないようです。

「被告」という言葉は「被告」というだけで、いい意味も悪い意味もありません。

離婚裁判を経験するとわかると思いますが、相手方とこちらの主張が当然違います。

ですから、こちらは反訴を起こします。
そうすると私は反訴原告、相手は反訴被告となります。

言葉は言葉にすぎないのだと思います。

離婚調停 離婚裁判 離婚 不倫 不貞 
こういった言葉に惑わされないようにしましょう。

離婚裁判は裁判官が過去の判例と証拠にもとづき、判決を出すだけのものです。
裁判を経験する前まで、私は離婚裁判は「公正、公平」に裁かれるとカン違いしていました。
裁判官に真実や事実を見極めることは無理だと思います。
離婚裁判は裁判官と書記官が一人ずついるだけです。
たた、一人の人間に理解できることは限られていますよね。

裁判で真実が判明するわけではありません。

原告と被告という利益が相反する争いに、とりあえずの解決方法を、法律や判例や裁判官の裁量権に基づき、判決を出すだけのことです。

訴状にひどいことが書いてあってもそれだけのことです。

真実は「あなた」だけが知っています。

人気blogランキングに参加してます
よろしくお願いします♪

離婚部門で51位です。

長くなってしまいました。
でも、これが一番大切なことです。

真実は「あなた」だけが知っている

あなただけが知っているのでは離婚裁判においてはダメです。
裁判官と弁護士に「あなただけが知っている真実」を伝えることが重要だと思うのです。

裁判官と弁護士に伝えればいいのです。相手方に伝える必要はありません。あなたに協力してくれる方はあなたの弁護士です。

判決を決定するのは裁判官です。

このことを踏まえて離婚裁判に臨むことが大切だと思います。

離婚調停は調停委員という第三者を交えての話し合いでした。
円満、夫婦関係調整、面接交渉、などの調停があります。
調停は話し合いですよね。不成立であれば裁判になるだけです。

離婚裁判は話し合いではありません。一定の結論を求めるものです。
はじめから争いです。戦いとなります。
この点の違いが重要です。

ですから、被告という言葉や裁判という言葉に影響されない方がいいのです。訴状の内容だって、相手が勝手に決めつけていることなのです。
内容で落ち込んではいけません。相手の主張していることをきちんと見極めましょう。
ひどい文章を何回も読むのはつらいと思います。
勝手に言っていることと思って読めば、相手の主張の矛盾も見えてくると思います。

私は訴状の内容や相手の証言を聞いた時になんて奴だと、怒りを感じたり悲しくなったりしました。でも、それは離婚裁判の判決とは一切かかわりのない感情です。

弁護士に離婚調停のときや離婚裁判のときにこれだけ客観的に冷静に振り返る事が出来る人も珍しいと言われました。

いま振り返ると、当時の私は全然ダメだったと思います。

この記事があなたにプラスになれば幸いです。

人気blogランキングに参加してます
よろしくお願いします♪

離婚部門で51位です。
家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

2008年02月15日

離婚調停や離婚裁判のときの気持ち

離婚調停が不成立となり、離婚裁判となりました。

そのときに相手方からの訴えがはやかったため私は被告という立場になりました。
裁判の準備4←参考までに

今振り返ってみると、これはまずかったなと思います。離婚調停の時から相談していた弁護士からは離婚裁判の訴状の案はできていました。
相手を(妻=息子の母)被告にしないというような想いがありました。
そして、その時点では妻を被告にしなかったという安堵感などもありました。

しかし、この点が離婚調停においても、離婚裁判においても、私の欠点だったと考えます。自分のことですから、少し優しく言わせてください。「性格の優しさだったのです」(笑)「かっこつけ」(笑)「優柔不断」(爆笑)
ほんと、馬鹿だったのです。本質がわかってなかったのです。

自分がほんとうに何を望んでいたのか。その為に、何をするべきだったのか。
言うまでもなく、私は離婚調停のときも離婚裁判の時も子供の親権を望んでいました。そして、このことは揺るぎのないものでした。

今だから言えるのですが、この一点にしぼって徹底的に戦っていたら、結果はもう少し違っていたかもしれません。
相手の一番の痛いとこを徹底的につくべきだったと思います。
離婚裁判に勝つためには。。。

ところで、勝つ負けるはどのように決めるのでしょうか?

この離婚裁判において、相手の要求してきた金銭は
慰謝料800万円  養育費6万円です。

この金額に対しての判決については、多分、私の勝ちだったと思います。しかしながら、私の望んでいたことは、子供の親権です。

その点では負けです。

離婚裁判は結果がでます。

離婚の成立 子供の親権  養育費  慰謝料 

どんな結果が得たいかにより、作戦は違うと思います。

私の場合は「子供の親権」が得たかったのです。

だったら、先に提訴するべきでした。迷わずに。。。

これは、今だから言えるのですが。。。

離婚調停のとき、離婚裁判の前。。。。

私の行動を止めていたものがあります。

妻が少しは変わるのではと思っていたのです。

恥ずかしい話ですが。。。妻を信じる心が残っていたのです。

というようりも、信じたかったのかもしれません。

そして、離婚調停を通して相手方が変わると期待していたのです。

ほんの数パーセントでも期待したのです。

この自分の心が離婚調停から離婚裁判までの私の動きを鈍くしました。

今ははっきりわかります。相手が変わることを期待してもダメということが。。。。。
相手を変えることはできないのです。
もしできていたとしたら。。。こんな争いにはなりません。

「相手を変えることはできない」
だったら、どうすれば良かったんだろう。。。。
あれから、いろいろ考えました。

そして、今たどりついた考え方

「相手を変えることはできない」
できることは。。。
「自分を変えることだけ」

このことが、今の私のひとつの考え方です。

そして、離婚調停や離婚裁判の過程でこのことに気づければよかったのでいはないかと思っています。

離婚調停や離婚裁判が終わり。。。自分を振り返ることもできるようになりました。

本当にあの時は不安、焦り、怒り、悲しみ、苦しみ。。。
いろいろな気持ちになりました。

離婚裁判の判例を探したり、離婚調停のブログを探したり、弁護士に話を聞いたり、友人に話を聞いてもらったり、1日のうちに気持ちの浮き沈みが激しかったときもたくさんありました。

こんな時はどんなだろう。。。。
これからどうなってしまうのだろう。。。。
弁護士はこう言ってるけど大丈夫なのかな。。。。
友人は。。。親は。。。

調停委員は。。。
裁判官にこんなことを聞かれたが。。。

自分の将来は。。。子供の将来は。。。

その時は自分はしっかりしている、冷静だと思っていました。

そして、いろいろな情報が知りたかったのです。

特に離婚調停と離婚裁判の情報が知りたかったのです。

今、このブログを書いている理由は、
離婚調停や離婚裁判に直面している方にとっては、
私の体験でも役に立つことがあるかもしれないという想いがあります。

そして、自分を振り返り、前向きに生きたいという想いもあります。

たいした情報ではありませんが、知りたいことががあったらコメントをください。

ひとりでいるのは苦しいものです。

人気blogランキングに参加してます
よろしくね♪

離婚部門で75位です。
タグ:離婚

家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

2008年02月06日

離婚裁判の証拠について

離婚裁判では証拠の提出が必要になってきます。


私はこのブログを書きながら、自分をふりかえり気づいたことがあります。自分自身の気持ちの変化です。
結婚前 結婚生活 子育て 病気 離婚調停 離婚裁判 判決離婚 養育費 それぞれの時期に自分の感情というものがあります。

そして、その中で、「なんで、こんなにがんばっているのに、わかってくれないのかな」という妻に対する思いが常にあったようです。

少し話がそれました。

ポイントは、その時々により気持ちが変化するということです。
気持ちが変化することにより、「いい」と思っていたことが「悪く」なったり、「悪い」ことが「いい」ことになったりすることってありませんか。

言い換えると「許せない」が「許せる」になったり、「すき」が「きらい」なったりした経験がありませんか。

まわりくどくてすみません。
ここは離婚裁判を行う人にとっては重要なことだと思います。
一つの事実には「いい」と「悪い」の両面があるのです。
こちらが「いいこと」と認識しても、相手はそれを「悪い」と攻撃するのです。

ですから、妥当性のある証拠、もしくは証拠になるような「感情(思い)」があれば事実をどのようにとらえてもいいのです。
ここが徹底できれば離婚裁判を有利に進めることができると思います。

私が離婚調停から離婚裁判へ進んでいく経緯には私の想いがありました。
「息子の将来を考えたときの裁判という方法でどちらに養育されたほうがいいか、公正な立場で公平に客観的に判断していただく。」
「息子がお父さんに捨てられたと思わないように、親権を主張したことを裁判という記録に残しておく。」
このような想いです。

この離婚裁判を記録としてとらえたことは間違いではないようです。

しかし、離婚裁判→裁判というものは公正な立場で公平に判断するものではないようです。

裁判官も私と同じ人間、特別な人間ではないのです。
離婚裁判は提出された証拠にもとづき、双方の主張を聴き、一定の判例にもとづき判決をだすだけです。特別な場所ではないのです。

私は現在、離婚裁判や離婚調停をこのように捉えています。

だからこそ、離婚裁判は戦いの場所と考えるのです。
戦うには戦い方、作戦があります。これは弁護士が協力してくれます。
しかし、何を勝ち取りたいかは本人が決める必要があります。

ここを曖昧にしては戦えません。まして、望む判決を導き出すことは困難でしょう。
自分の最大のパートナーである弁護士にどのような事実を告げ離婚裁判を行うかということは本人の自由なのです。

証拠と認識されるものをどのように作っていくかがポイントなのだと思います。

そう考えると、私の離婚裁判において、私は余りにもバカ正直で相手はとても賢かったと思います。


家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

2008年02月05日

息子からの手紙

息子は小学校1年生になりました。

入学のお祝いと誕生日のプレゼントを贈った時に息子からの手紙が届きました。これは以前ブログに書いたことです。

家庭裁判所での判決により離婚してから養育費についてはきちんと送金しています。(当然のことですが)

年末にクリスマスプレゼントを息子に贈りました。
数日たってから手紙が届きました。

宏太手紙.jpg

こんな手紙です。

うれしかった。
息子の声が聞こえるようです。

プレゼントが息子の手に渡っていることもうれしいことです。

正直な気持ちは息子に会いたいです。
小学1年生の成長した姿を見たいです。

面接交渉権というのは離婚した現在の状態でも請求することはできるそうです。家庭裁判所へ面接交渉の調停手続きをとるという方法です。

面接交渉権はなくなるということはないとことなので、いつでも調停を行えば面接交渉できる可能性はあるとのことです。

裁判離婚だから面接交渉権がなくなることはないそうです。

正直な自分の気持ちは「会いたい」

現在の息子の環境にとってはどうなのだろうかと考えます。
今でも、息子が「お父さん。。。。」と泣き叫んでいた様子が目に浮かびます。心が壊れてしまいそうなくらい泣き叫んでいた様子が。。。
これだけは忘れることができません。

もう少し、私は我慢した方がよいのだろうと思ってます。


家庭裁判所へ離婚調停 体験記mainへ戻る

posted by 利之 at 16:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | 体験談>息子について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。